読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snöflinga 押葉通信

葉っぱによる通信記録、日々の記憶の貯蔵庫

ミニトマトの葉っぱで遊ぶアート

押葉の葉 ガーデニング

 

f:id:snoflinga_and:20160629213432j:plain

 

先日収穫したミニトマトの葉っぱで、遊んでみました。

 

snoflinga-and.hatenablog.com

 

以前100円ショップでみつけた、こちらのキャンバスを使用します。

f:id:snoflinga_and:20160629213753j:plain

 

キャンバスに葉っぱをなんとなく置いてみて、配置を考えます。 

あまり深く考えずに、ざっくりと決めてしまいます。

葉っぱの位置をきめたら、さっと固定してしまいます。

 

f:id:snoflinga_and:20160629213858j:plain

この時点で、既に収穫したときと比べ、褪色が進み、色が変化しています。

葉っぱにより、色の変化が著しいものは、作品に仕上げた後も、色が変化していきます。

変化していく原版の中で、一番葉っぱが引き立つ瞬間をあつめて、画像におさめておきます。

 

 

f:id:snoflinga_and:20160629214017j:plain

固定したら、手持ちのアイテムで色づけ開始。

 

ちょっとずつ、足していきます。

f:id:snoflinga_and:20160629214233j:plain

ここまで色を加えてみましたが、ラメ入りのりの在庫が切れてしまいました。

(考えなさすぎです。)

もうこれ以上足さない方がいいよと言う事なのか、乾いてからもう一工夫か。

ひと呼吸おいてから、後日仕上げることにします。

 

スポンサーズリンク